セマルオオマグソコガネ

セマルオオマグソコガネ

学名: Aphodius brachysomus

体長:  7.5〜11mm

分布:  本州 九州 北海道

発生時期: 春頃から

特徴:

体色は主に黒色であり、細身なマグソコガネ類の中では横幅もあり、大きく見える。

主に放牧地などに生息し、新鮮な牛や馬の糞に集まる傾向がある。

ニホンアマガエル

ニホンアマガエル

学名: Hyla japonica

分類: 両生綱無尾目アマガエル科アマガエル属

分布: 北海道~九州、離島の一部

形態: 体長は2~4.5cmである。メスの方が大きい。鼻筋から目、耳にかけて褐色の太い帯が通っている。指先に全て吸盤がついている。

特徴: 水辺の植物の上や森林などに生息する。春から秋まで活動し、冬には冬眠する。小さな昆虫類や蜘蛛類を餌としている。死骸や、動かないものは食べない。

ヤニサシガメ

ヤニサシガメ

学名: Velinus nodipes

分類: カメムシ目サシガメ科

分布: 本州~九州

形態: 体長は14~15mm。頭部は細くて先端が尖っており、前胸との境が強くくびれている。

特徴: 松の木を中心に生活していて、昆虫を餌としている。幼虫、成虫ともに体表に粘性がある。

ツバメシジミ

ツバメシジミ

学名: Everes argiades

分類: チョウ目シジミチョウ科

分布: 北海道~九州

形態: 前翅長は9~20mmである。

オスは青紫色であり、メスは黒色である。

特徴: 3月~10月にかけてみられる。日本に生息しているものは亜種である。平地の草原や公園などに生息している。

↑オスの姿

アサギマダラ

アサギマダラ

学名: Parantica sita

分類: チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科

分布: 日本全国

形態: 

前翅長は5~6cmである。大型のチョウで、長い距離を移動する。幼虫は黒の地に黄色の斑点が並び、その周囲に白い斑点がたくさんある。

特徴: 翅の内側が白っぽく、黒い翅脈が走る。